サービス付有料老人ホーム 無線ナースコール|介護福祉施設ワイヤレスコールシステム・ココヘルパのご相談・見積り・工事はキョーショー

サービス付有料老人ホーム 無線ナースコール

サービス付有料老人ホーム様に無線ナースコールココヘルパWを導入致しました。
導入する事になった理由
①通常のナースコール設備までの予算を必要としたくない
②居室からの呼出は平屋の木造なので通話まで必要としない
③居室・トイレ・脱衣・浴室の呼出の他に玄関や社員通用口などのドアにセンサーを取付し別システムを利用せずココヘルパ設備のみで利用できるか
④移動するスタッフにも呼出がわかるようにできないか

上記の条件はすべて可能です。
建築中の工事はココヘルパ用の無線アンテナに必要な100Vコンセントの配線とLANケーブルを配線のみをして頂く事で、後日弊社の工事が1日で設置完了になります。
従来のナースコール設備のように配線材料・配線労務費・設置工事費など面倒な費用はかかりません。(事前に設計士様と建築工事屋様と図面で疎通ができると構築もしっかりしたものができます)

048-300x225

今回導入したラインナップ
ココヘルパシステムソフトウェア込ノートパソコン(親機) 1台
ココヘルパ用無線アンテナ 2台 WiFi無線アクセスポイント 1台
ココヘルパ 呼出子機 居室9個 トイレ3個 脱衣1個 浴室1個 ドアセンサー4式
ココヘルパW用スマートホン 1台

【納入写真】
017-300x225

【メインユニット2カ所】
018-300x225

【Wi-Fiアンテナ】
WiFi対応ココヘルパW(スマートホン用)1台
今回はI-COMさんを利用(業務用アクセスポイントとして)
020-300x225

【ドアセンサー】
023-225x300

ドアセンサーは4か所に設置(施主様希望)
メイン玄関・通用口・リビング窓・物干し通用口に設置
近くに住宅や道路があり万が一の為に設置の要望があり追加しました。
ドアセンサー本体の赤ボタンの若干の操作で信号を出すONとOFFができます。
メイン玄関は来客など出入りが多い場合などは信号がでないようにできます。
取付方法は防水用両面テープで取付できるので自由に設置できます。

【防水型呼出ボタン(浴室用)】
016-300x225

防水用両面テープを貼りつけてありますのでお好みの場所に設置して頂きます。

【居室用呼出ボタン】

居室に呼出子機を設置 ストラップ付属
ベットの手すりに設置して利用してもらうのが多いです。
050-300x225

【ココヘルパ管理用パソコン】
システムソフトウェア設定済みココヘルパ親機ノートパソコン15インチ
事務室カウンター上に設置
IMGP2229-300x225

【居室からの呼出時】
呼出があった場合には居室の窓が赤く点滅し、呼び出し音が鳴ります。
IMGP2241-300x225

【スマートホン】
待ち受け状態
IMGP2222-300x225

呼出時
IMGP2223-300x225

「OK」をタッチ 自分が対応した場合は「私」で表示
IMGP2225-300x225

複数あるスマートホンがある場合、対応していないスタッフのスマートホンには対応者「Aさん」と表示されます。

2F建てやユニット型などは特にココヘルパWがお薦めですねLANがインターネットに接続されていれば呼出及び対応が予め設定したメールアドレスにもメールで着信します。
実験では構内PHSよりも反応は早いです。

ココヘルパは現在通話機能がありません。
今後ビジネスホンとの接続でスマホを内線化してシステム構築できるように検証しています。3月中には検証も完了予定です。

 

2016年2月4日

Copyright© 2012 Kyosho co.ltd. All Rights Reserved. sitemaps