グループホームの既存ココヘルパに離床センサーを追加|介護福祉施設ワイヤレスコールシステム・ココヘルパのご相談・見積り・工事はキョーショー

グループホームの既存ココヘルパに離床センサーを追加

長岡市内のグループホームでココヘルパ用の離床センサーが欲しいと依頼がありました。
ココヘルパでも離床センサーは「人感式」と「マットセンサー」の2種類がリリースされていますが、今回はベットから起きあがったらすぐにココヘルパを通じて呼び出しがかかるようにしたいと言った要望がありました。
そこで今回は特殊スイッチが接続できる呼び出しユニットに「ベットコール」を接続し「ベットコール」をマットレスの上に敷き、人が起きあがったらすぐに呼び出しユニットを通じてココヘルパに連動するようにしました。

【呼び出しユニットとベットコール】
IMGP4176-640x480

基本的に呼び出しボタンは使用しないためテレビの棚にしまっておきます。
IMGP4178-640x480

中継BOXではセンサーの入り切りやセンサーの反応するまでの時間が設定できます、今回はセンサーが反応してから3秒でコールする事にしました。
IMGP4177-640x480

今回離床センサーを追加するにあたりココヘルパの管理画面に離床センサー用に窓を1つ共用部に追加しました。
持ち回りでその日ごとに違う居室で使用するので離床用の窓を1つしか作りませんでした。
[センサー試験]
赤くなっているところが今回追加した離床用の窓です。
ちゃんと反応しているようです。
IMGP4181-640x480

2016年2月4日

Copyright© 2012 Kyosho co.ltd. All Rights Reserved. sitemaps